脱毛エステ森
ホーム > 注目 > 常日頃、歩くときにお尻に力を入れて、多少、大またで歩くだけでも変化が出てきます。

常日頃、歩くときにお尻に力を入れて、多少、大またで歩くだけでも変化が出てきます。

ダイエット期間のつまみ食いは絶対にいけません。

間食でつまんだものが、仮にスナック菓子などではなかったとしても、食べる=太るという事実を頭に入れておいてください。極端に我慢するのもいけませんが、一日三回の食事をきちんと食べて、あとは食欲を抑制できるように体質を変えていきたいですね。ダイエットに、効果的なのは有酸素運動と筋肉トレーニングです。

有酸素の運動で特に使われている筋肉は遅筋で、筋トレで使われているのは速筋という筋肉です。あなたも聞いたことあるかもしれませんが、遅筋は筋が肥大しにくいため、見た目にマッチョになりにくい筋肉です。

この、遅筋と速筋の両方を同時に鍛えると、素敵なスタイルになってゆきます。出産をしてから、増えた体重とぶよぶよのおなかを元に戻すために、ダイエットと一緒に生まれて初めて筋肉を鍛えました。


母乳のみで育児をしていたので、大してダイエットをすることができなかったのですが、筋トレは一生懸命やりました。おかげさまで、6カ月ぐらいで、だいたい元の体型に戻ることができました。ダイエットで人気のある有酸素運動は、一番効果のあると考えられている心拍数を自分が理解することで効率よくエネルギーを消費することにつながり、脂肪の燃焼を高めることが出来るのです。

しかしながら、長い時間体を動かせば動かすほど痩せるのではなく、特に激しい運動などは筋肉に酸素が十分に行き渡らず、逆効果になる場合もありえますので、注意してくださいね。私は痩せようと思った時、家でできるダイエット方法として腕立て伏せや腹筋、スクワットなどのトレーニングを行い、筋肉を増やすことで体内の代謝がアップしやすい状態にした後に、少し早くウォーキングを30分以上やりました。
これをなるべくなら毎日行うことで、2か月で5キロのダイエットができましたが、続けるのは、中々大変困難でした。

体重を落とす事は以前に数度何度かしてきました。



今も実践しているダイエット方法は一時の食断ちです。

1日予定の入っていない日に水以外は何も摂取しないようにします。



次の日の朝は重湯やおかゆのような胃に負担の少ない食べ物を食べて、後は普段通りに生活するのです。胃袋のリセットにもなって体にも負担がなくいいらしいですよ。


年を取るにつれて、体を動かす機会も減り、ほっておいたら、基礎代謝が低下していく気がします。

そのせいか、苦労の末ダイエットをしても、自分が思うように体重が減少しません。


やはり、体質改善を先にやらないとやらないとダメですね。そのためには、まず、体を温かくするために、生姜湯から取り掛かっていきたいと思います。
寒いときにはとっておきの飲み物ですし、これがあれば代謝アップ間違いなしでしょう。痩せるのに有効な運動といえば、エアロビクスです。



ダイエットを貫徹させるためには、使ったカロリーが取ったカロリーを上回ることが大切なので消費カロリーが膨大なジョギングやエアロビクスやサイクリングなどのスポーツが推奨です。


くわえて、身体を引き締めて強弱のあるボディラインを作るためには筋トレもおすすめします。痩せたい!と思うなら、まずは無理をし過ぎないことです。食事制限をするダイエットは確実に痩せますが、実はデメリットもあるのです。私の場合は生理に影響が出てきてしまいました。排卵がストップして、産婦人科で薬をもらい治療しました。あまり頑張りすぎると続かないというのが自論です。


女性の視点では、結婚式は二度ないはずのことなので、結婚することになってから、私も人並みにダイエットに努力しました。その上、エステにも行って見ました。

お金が色々と必要で2日間しか行くことができなかったけれど、非日常的なことをして少しだけ綺麗になれた感じがしました。